金融商品を使ってどうにか

金融商品を使ってお金を増やすことは、なにも難しいことではありません。むしろ低金利が今後も続きますので、貯金だけでは増えません。年金不安もありますから、ほとんどの人はなんとかしてお金を増やす手段を講じなくてはならないでしょう。そのためには金融商品を上手く使う必要があります。しかし、ほとんどの方は金融に関する知識が足りません。それは日本の教育ではあまり行われてこなかったことと、働いて稼いだお金以外はなにか汚いお金であるというイメージがあるからでしょう。さて、金融知識を身につけるには、少しの勇気、度胸が必要です。資金は少額でも構いません。一万円でも結構です。とにかく自身で投資を体験してみることです。株式、FX、投資信託、不動産など金融商品は様々であり、それぞれに特徴があります。それらのメリットとデメリット、またどのような場合が投資のチャンスであるのか、手を出すべき時ではないのかなどです。本やサイトで調べても情報量が多すぎて、どうして良いか迷ってしまうものです。したがって、金融知識を身に付けるには、実際に体験することが近道なのです。もちろん、最初は上手くいかないでしょう。すぐに損をしてしまうかもしれません。しかし、そこは授業料だと割り切るべきです。生活に支障をきたさない程度の金額を投資し、どうして成功したのか失敗したのかの分析を行うことです。時間はかかりますが、働いて収入を得る一方で金融知識を身に付ければ、将来的にたいへん大きな武器となります。くれぐれも一気に大儲けをしようとしてはいけません。もし失敗すれば、大きな損失を被り、投資どころか生活が壊れてしまいます。そしてそのトラウマから、投資の意欲も失せてしまいます。すると儲けの大チャンスを逃してしまうことにもなります。感情をコントロールすることは大変ですが、許容範囲を決めておき、その範囲内だけの投資を行わなくてはなりません。粘り強くやれば成果は出ます。

支出が増えて収入が増えるから

アベノミクス効果を実感している人の中で、株やFXなどの金融商品を購入していた人が多くいます。それもそのはずで、民衆党政権のとき、株は8000円前後をうろうろし、円に関しては史上最高値を更新していたのです。それが自民党政権に変わる前後から、株も円も急激に伸びました。日経平均株価で倍以上になっていますし ~~~ 

 → 続きはここから

Copyright (C) 金融商品でお金を増やしたい All Rights Reserved.